2020年02月28日

インドで始まったイスラム教徒への迫害

以前から紹介してきたインドのイスラム教徒への弾圧が本格化して、ディリーではイスラム教徒の家や店舗がインド人による襲撃を受けて、死者が出る状態になっています。

この状況を日本のマスコミは全く取り上げていません。

イスラム教徒迫害





himajintaro at 19:01|PermalinkComments(0)宗教 | 政治

2020年02月10日

武漢のベンガル人迎えに行けず

今日の時事通信社の記事によると、新型コロナウイルスの発生源となった中国武漢市へ、ベンガル人を迎えに行くバングラデシュ政府チャーター機が搭乗員の乗務拒否により飛べなくなったそうです。

乗員、中国行き拒否 武漢にチャーター機断念 バングラ(時事通信)

日本は政府チャーターで全日空機で今週末にも第5便を飛ばす計画になっていますが、バングラデシュは国営のビーマンバングラデシュ航空搭乗員のストライキに遭い、自国民を武漢に残すことになりそうです。

未知なる病にはバングラ政府も勝てないようですね。


himajintaro at 21:20|PermalinkComments(0)

2020年01月24日

インドとの国境で何が起きているのか

バングラデシュは国境の2/3がインド国境に面しています。国境はフェンスが張り巡らされているところもあれば、畑だったり、牧草地だったり、民家の真ん中を走る所もあるそうです。

ラッシャヒもガンジス川(ポッダ川)が国境ですし、昨年行ったポルシャも小さな川が境でした。

ミャンマーとの国境は丘陵地帯ですが、ロヒンギャ問題で世界中に知れ渡る所となりました。あまりにもロヒンギャ問題が大きくクローズアップされたので、インドとの国境で何が起きているか、私たち日本人は知る由がありません。

私は、時々、バングラデシュのニュースを見るので知ってはいましたが、最近、イギリスのBBCニュースがこの問題を取り上げています。

B4

バングラデシュとインドは友好国です。しかし、「進むバングラデシュのインド化」「バングラデシュに潜むインド人」でも紹介したように、それは偏った友好関係になっています。

B2

国境では、毎年、多くのバングラデシュの国民がインド国境警備兵に殺害されています。

B1

その殺害方法は残忍で非人道的です。女子中学生を国境のフェンスに吊るしたり、男性の尻の穴に棒を差し込んだりと、晒し物で見せしめ的な殺害です。

B3

今まで400人以上のバングラデシュ国民が殺害されているにも関わらず、バングラデシュ政府は見て見ぬふりをしています。

インドと国境を面しているパキスタンでは、国境付近でパキスタン国民が殺害されそうになるとパキスタン兵士がインド兵と銃撃戦になります。パキスタンに限らず、他の国も同じ状態だそうです。

現在のバングラデシュ政権なる以前は、こんなことは無かったと言われています。

なぜ、バングラデシュの兵士は自国民を守らないのか。

それは、前述の2つの記事の中に理由が書いてあります。


himajintaro at 08:01|PermalinkComments(0)政治 

2020年01月23日

蔵王キリスト教会から寄付をいただきました。

IMG_4333

蔵王キリスト教会様からバングラデシュの貧しい子供たちの学校アロアシャ学園へご寄付をいただきました。昨年、10月に行われたチャリティ・フリーマーケットの売り上げの中からのご芳志です。

毎年、アロアシャ学園にはご寄付をいただいており、教会の辻牧師さんからは、引き続き、アロアシャ学園を支援していきたいと、ありがたいお言葉をいただいてきました。

ありがとうございました。

IMG_4332








 

himajintaro at 21:21|PermalinkComments(0)アロアシャ学園 

2020年01月11日

ポロマ、金閣寺に行く

岡山大学に留学しているポロマが京都に行き、夢にまで見た金閣寺を見て興奮したようです。

I was trying to smile awkwardly infront of the Golden temple at Kyoto while Mayeesha Masrura was trying to frame it.. It was one of the places I always dreamed of visiting..

81988157_2988899951120312_7466951934319001600_o



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)ポロマ | 観光