2021年02月14日

ジャパン・フレンドシップ・アカデミーは休校中


15776916_584704561735094_7178832244606876937_o

一昨日の金曜日(12日)の夜、久しぶりにバングラデシュ・カシナプールのジャパン・フレンドシップ・アカデミーのオーナーであるラーマンさんにFacebookのメッセンジャーで電話をかけてみました。この日は、応答がなく、翌朝、ラーマンさんから電話がかかってきました。

相変わらず、ラーマンさんと家族はみんな元気のようでした。カシナプールのコロナの発生は、ほとんどなく、平和な毎日であるとのことでした。しかし、ジャパン・フレンドシップ・アカデミーは休校中のようでした。

15775060_584345775104306_1950337317931653148_o

4月には再会できるだろうと言っていましたが、コロナの影響でしょうか。

私は、以前から、ジャパン・フレンドシップ・アカデミーのインターネットの回線スピードが気になっていました。

2年前、ラッシャヒに行ったときは、モンジュールさんのアパートがWi-Fi環境になり、20年ぐらい前の日本のネット環境に近くなっていました。

カシナプールがそれに近ければ、日本からジャパン・フレンドシップ・アカデミーをつないで、何か授業ができないかと考えていました。ラーマンさんにしてみれば、日本語教育が喉から手が出るほどしたいことは分かっていますが、こちら側の環境が整っていません。

日本語を外国人に教えるのは、大変難しく、学校の先生ならできるというものではありません。日本語を教えるための専門の教育が必要です。

最初は、zoomを使い、回線状態が良ければ、授業で使えそうな別のツールを使って、しばらく、テストをしながら、何ができるか考えてみたいと思います。


2021年01月29日

ダッカモスリン再生でマスコミ露出中!

ダッカモスリン

ダッカモスリンがラッシャヒ大学教授であるモンジュールさんの研究により再生できたことで、連日、バングラデシュのマスコミがモンジュールさんを取材し、テレビや新聞で大々的に放映されています。

バングラデシュ初のイチゴ栽培の時もマスコミに引っ張りだこでした。その後、地下水に含まれているヒ素の除去や様々な研究で、度々、マスコミに取り上げられました。

今回は、その技術が失われた世界最高品質の綿織物であるダッカモスリンが再生されたということで、モンジュールさんの露出ぶりは今まで以上のものとなっています。

再生されたダッカモスリンの技術がバングラデシュのアパレル産業への貢献、ひいてはバングラデシュ国家の発展に寄与することを期待するばかりです。

以下、放映されたテレビのリンクを張っておきます。

RtvNews DhakaiMoslin BengaliCulture

Ekattor TV Muslin came back






himajintaro at 06:56|PermalinkComments(0)モンジュールさん | 文化

2021年01月23日

タンドリーチキンライスを作りました。

私の友人で、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将のマスター橋本羅名さん御自慢のタンドリーチキンとバングラデシュの香り米でタンドリーチキンライスなるものを作ってみました。

IMG_5983

油で玉ねぎを炒め、あめ色になり、香りも出たところで、羅名さんから送ってもらったタンドリーチキンを炒めます。

IMG_5984

研いだ香り米にタンドリーチキンのソース、カレー粉、ショウガとニンニクのすりおろし、冷凍しておいた大葉、塩を入れます。

IMG_5985

さらに米に対する水の量を加えて、塩加減を調整します。タンドリーチキンにも塩分があるので、控えめにします。

IMG_5986

そこに、炒めたタマネギとタンドリーチキンを載せて炊き上げます。

IMG_5987

炊いている最中に香り米の独特な香りが炊飯器から放たれると期待が一気に膨らみます。

IMG_5988

上手く炊きあがりました。全体をかき混ぜて、一時、蒸らすと完成です。

IMG_5989

仕上がりは限りなく、世界三大炊き込みご飯のビリヤニ(ビリアニ)です。味と香りは、本場バングラデシュそのものです。バングラデシュは、元々、インドの一部だったので、料理はインドと全く変わりがありません。

とにかく、美味しいのです。日本では到底味わえない味と香りです。妻も美味しくて食べ過ぎると言いながら、お替わりしていました。

IMG_6002

上の写真でわかるように左がバングラデシュの香り米、右が日本のひとめぼれです。バングラデシュの米は全体的に小粒です。日本のコメはぷっくりと膨らんでいます。

以前、香り米を試験的に日本で栽培したことがあります。発芽した後の苗はコシが弱く、とても田植え機では植えることできなかったので手で植えました。秋に収穫して驚いたのですが、日本の米と見分けがつかない程、粒が膨らみました。

日本の「じゃこうまい」に似ています。写真はありませんが、「じゃこうまい」はモミから伸びるノゲ呼ばれる髭みたいなものが赤く変色するので、田んぼでは目立つ品種ですが、バングラデシュの香り米もノゲが変色します。

日本で作った香り米をバングラデシュに里帰りさせ、私がよく行く、国立ラッシャヒ大学に持ち込んだところ、並み居る植物学の先生たちから驚愕の目で見られました。

東南アジアや南アジアの米はパサパサの長粒種が多いのです。ですが、タイには宮廷料理で出すもち米があります。バングラデシュにも、おにぎりを作れるぐらいのグルテンを含む粘りのあるコメもあります。

単純に品種的に短粒種、長粒種だけではなく、栽培環境によっても変化することがわかりました。ジャポニカ的な遺伝子が香り米にも残ってるのではないかというのが大学の教授たちの見解でした。私の持ち帰った日本育ちの香り米は遺伝子解析されることになりましたが、その結果は10年以上たっても、教えていただいていません。

IMG_6004

ビリヤニは粘りの無い長粒種が一番合います。特に香り米は最高ですが、なかなか、手に入りません。最近は、バングラデシュの香り米が東京で手に入るそうです。

羅名さんのタンドリーチキンがたくさんの残っているので、日本の米でタンドリーチキンライスを作ってみようと思います。

himajintaro at 06:44|PermalinkComments(0)ラナさん | 食べ物

2021年01月02日

ささやかな支援

東京のコロナ感染者数が1,000人を超える状況の中、時間短縮や営業の休止などの自粛を迫られている飲食店は経営状態がひっ迫しています。

このブログに幾度となく登場している東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将の橋本羅名さんから、お任せで年末に合わせて店の商品を送ってもらいました。

IMG_5704

送ってもらった肉を元日の夕食として、牛将の焼肉を炭火で焼いて家族で食べました。

IMG_5709

羅名さんのチョイスは、牛カルビ、ゲタカルビ(中落ちカルビ)、牛タン、牛ステーキ、ホルモン詰め合わせ、キムチとカクテキでした。それに、以前、羅名さんから送ってもらい冷凍保存していたタンドリーチキンも一緒に焼きました。

IMG_5707

キムチやカクテキは羅名さんが自分で仕込みます。2年前のバングラ渡航の時に牛将に立ちより、仕込みを見せてもらいました。その時の様子は羅名さんの仕込みを見せてもらいました。で紹介しています。

IMG_5706

味のベースに野菜や果物が入っているため甘みが増し、我が家の女性たちに好評です。

IMG_5710

IMG_5711

ホルモンの詰め合わせの中には、ミノやシマチョウ、レバーの他にタンの薄いようなものが入っていて、市販のものよりしっかりした噛み応えがありました。

IMG_5714

IMG_5713

羅名さん御自慢のタンドリーチキンはフライパンで焼くと油がたくさん出て、味が締まらないのですが、炭火で焼くと香辛料の香りが引き立ち、しっかりした味になります。

バングラデシュ生まれの羅名さんならではの香辛料の使い方は普通の焼肉店では味わえないものがあります。

IMG_5715

ステーキも家族に好評でした。私は、昨日食べてないので、今日食べる予定です。

IMG_5716

炊いたご飯が無くなり、余ったご飯を定番の焼きおにぎりにしました。

IMG_5717

私は焼く係でとても忙しかったですが、家族9人で食べきれない量でした。

今日も焼いて食べることにします。

緊急事態宣言が出されるやもしれませんが、東京で焼肉店を営む羅名さんへわずかばかりの支援をしました。

羅名さんの店には私と長男だけが行ったことがあります。コロナウイルスが終息した暁には、家族みんなで羅名さんの店に食べに行こうと言っています。

逸早いコロナの終息を願います。

羅名さん、ご馳走様でした。



himajintaro at 09:50|PermalinkComments(0)ラナさん | 食べ物

2020年12月31日

速報 世界最高品質のダッカモスリンの再生なる!

世界最高品質で、絹のような極薄のキメの細かい綿織物ダッカモスリンの再生を目指していた、バングラデシュの貧しい子供たちの学校アロアシャ学園の創設者であるラッシャヒ大学教授のホサイン・モンジュール博士が再生に成功したようです。

このダッカモスリン再生プロジェクトは2019年10月19日の「世界最高品質のダッカモスリンの再生なるか」で紹介しました。

今日のバングラのパルロゴ紙がダッカモスリンの復活として取り上げています。新聞にはモンジュールさんの写真が掲載されていました。

今まで、バングラ初のイチゴ栽培で有名だったモンジュールさんは、ダッカモスリンの再生においても知名度を上げることになりました。

バングラ紙を日本語に直訳したものを掲載します。

ダカイ・ムスリンの復活-01

ダカイ・ムスリンの復活-02

ダカイ・ムスリンの復活-03

ダカイ・ムスリンの復活-04

ダカイ・ムスリンの復活-05

ダカイ・ムスリンの復活-05

ダカイ・ムスリンの復活-06

ダカイ・ムスリンの復活-07

ダカイ・ムスリンの復活-08

ダカイ・ムスリンの復活-09








himajintaro at 22:34|PermalinkComments(0)