2020年01月10日

なぜ、トイレに白衣を着たまま入るの?

DSC00605

モンジュールさんの二女ポロマは昨年、岡山大学に留学しました。2020年になってから岡山大学で起こった彼女にとって奇妙なことをFacebookに投稿しています。

彼女の投稿によると大学の研究室で着る白衣を身に付けたまま女性がトイレに入ったことが不思議でたまらないようです。

多分、彼女の言い分は白衣は研究室のみで着用するもので、トイレに行くときには脱いで行くことが当たり前だと言いたいのだと思います。よく考えれば、不浄なトイレにきれいな白衣で行くことに抵抗があるのが当たり前なのかもしれません。

日本のトイレは他国のトイレから比べれば見た目はきれいかもしれませんが、基本的には不衛生な物の排出場所であることには変わりがありません。

右手で食事をする国の人々は左手で局部を洗うので左手を不浄の手とします。握手も右手になります。
日本でも用を足して衣類を整えてから手を洗うので、衣類に細菌が付くことになります。

そんな白衣を身に着けて研究室に戻ってはいけませんね。日本人は危険や衛生に鈍感になっているのかもしれません。考えさせられる投稿です。


Sadia Monzurさん

What is the weirdest thing you have watched so far in 2020?

Me: I saw a girl walking into toilet wearing lab coat this afternoon. I wanted to say alot of things to her but I kept calm and walked away cause I live in Asia now and it's a weird continent in general. Perhaps I should stick a note on that door tomorrow morning, "caution: lab coats are not for going to toilet". Oh I have whole night to decide! 


himajintaro at 06:40|PermalinkComments(0)文化 | 生活

2020年01月05日

元日に世界三大炊き込みごはんビリヤニ作りました

前回はサモサを紹介しました。元日にもう一品、ビリヤニを作りました。ビリヤニはパエリア、松茸ご飯とともに世界三大炊き込みご飯の一つと言われています。

以前、来日したバングラデシュの貧しい子供たちの学校・アロアシャ学園の校長アリさんに作り方を教えてもらいました。

使う香辛料はクミン、クローブ(丁字)、カルダモン、ビッグカルダモン、黒コショウ(ブラックペッパー)、シナモン、ウコン(ターメリック)、ニンニク、ショウガ、ベイリーフ(ローリエ、月桂樹の葉)です。

ほとんどの香辛料は地方でも普通に手に入りますが、ビッグカルダモンは地方では手に入りません。上野アメ横センタービルの地下の多国籍食品売り場で見たことがあります。私はバングラデシュに行ったときに買ってきます。

IMG_4018

ニンニクとショウガはすりおろします。ベイリーフ以外はミルですり潰し、香りが出るまで煮だします。

IMG_4020

IMG_4021

IMG_4023

IMG_4024

香辛料以外の材料はタマネギ、鶏もも肉、トマト、ヨーグルトです。本当はコリアンダーなどの香草を使いたかったのですが売っていなかったので省略しました。

IMG_4025

IMG_4026

タマネギは時間をかけて炒めます。細くなり茶色くなるまで炒めると、タマネギの香ばしさが出ます。

IMG_4029

妻が間違って親鳥を買ったために肉が硬く、前の晩から魔法水を作って柔らかくしましたが、それでも硬めでした。しかし、親鳥なので味はしっかり出ました。

IMG_4031

香辛料をじっくり煮だした汁に炒めたタマネギ、ヨーグルト、トマト、鶏肉を加えて鶏肉の油が出るまで煮込みます。もちろん、水牛のバター・ギーも使います。

IMG_4030

IMG_4022

使ったコメはバングラデシュ産の香り米です。一昨年前の渡航時に買っておいた古米ですが、炊くと香りが良くビリヤニには最適です。

IMG_4032

IMG_4033

研いだ米にすべての材料を入れ、さらにサモサでも使ったマイタケを入れました。南アジアではビリヤニにはキノコは入りません。

後は、水を足して炊くだけです。

IMG_4034

炊き加減にバラツキがあったので、再度、早炊きで再加熱しました。

IMG_4078

IMG_4082

出来上がったビリヤニを赤ワインで食べました。とても美味しく出来上がりました。息子と息子の嫁は喜んで食べてくれました。しかし、鶏肉が硬いのと私が使う香辛料の香りを好まない妻はほとんど食べずに終わりました。サモサもあまり食べていませんでした。

妻も娘も、「柔らかい=美味しい」「硬い=不味い」なのです。テレビの番組でも「柔らかい」が「美味しい」を表しているように聞こえます。

バングラデシュの家庭料理では水牛やヤギや鶏の硬い肉を使った料理が普通に出てきます。

こういったことが妻をバングラデシュに連れていかない理由になっています。

そんなこともあり、妻や娘がいない休日の昼食は、時々、香辛料をたっぷり使った料理を作って密かに楽しんでいます。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(2)食べ物 | 文化

2020年01月04日

元日にサモサ作りました。

正月の話題として、元日にビーフサモサを作ったので紹介します。サモサはインド、バングラデシュなどの南アジアで作られている軽食の一つです。

小麦粉で作った生地にジャガイモや野菜などを入れて包み、油で揚げたものです。もちろん、スパイシーな味付けです。日本ではカレー味としてスパイシーなものを一緒くたに扱いますが、基本的にはカレーではありません。

今回は、バングラデシュで作られているビーフを使ったものにしました。普通は、露店で作って売られています。

IMG_3969

使った香辛料はクミン、コリアンダー、カルダモン、ビッグカルダモン、クローブ、ブラックペッパー、ウコンです。香辛料については次回、ビリヤニで説明します。

IMG_3970

カルダモン、ビッグカルダモンは皮を剝き、ウコン以外はフライパンで軽く煎り香りを出します。

IMG_3971

全ての香辛料を専用のミルで潰します。このミルはバングラデシュの知人からもらった物で日本では売っているのを見たことはありません。多分、インドの物産を扱うところではあるのかもしれません。

IMG_3972

具の材料として、マイタケを刻みます。キノコは保存と栄養価を上げるため冷凍保存しています。

IMG_3973

牛肉をミンチにします。

IMG_3984

具の材料は牛ひき肉、人参、タマネギ、キャベツ、マイタケです。基本、野菜類は何を入れても良いと思います。

IMG_3985

熱したフライパンにオリーブオイルを入れニンニクを香りが出るまで炒めます。ニンニクは宮城県村田町の道の駅で大量に買ったものを摺って、ジップロックに薄く伸ばして冷凍保存し、必要な量を手で割って使っています。

ベンガル人で東京葛飾・堀切菖蒲園駅前で焼肉「牛将」を営んでいる橋本羅名さんがニンニクを冷凍保存しているの見て覚えました。

IMG_3987

まず、タマネギを炒めます。

IMG_3988

タマネギがし菜っとなったら、牛肉を炒めます。

IMG_3989

水牛のバター、ギーを入れます。

IMG_3990

野菜と潰した香辛料を入れます。

IMG_3991

人参は前もって茹でてみじん切りしたので最後に入れます。

IMG_3992

塩で味付けして具は出来上がりです。お好みで醤油やコンソメを使っても良いと思います。

IMG_3993

本式では小麦粉と水で練って皮を作るのですが、時短で餃子の皮で包みました。

IMG_3994

朝早くから仕込みましたが、皮で包む時間と家族の朝食時間が重なり、ニンニクと香辛料の「ニオイ」がきついと言うので、書斎に追いやられました。この「ニオイ」は妻と娘にとっては「臭い」であり、私にとっては「匂い」なのです。

過去に子供たち3人をバングラデシュに連れて行きましたが、妻だけは連れて行ったことがありません。その理由は、この「ニオイ」なのです。多分、バングラデシュでは日常的に「ニオイ」がするので、妻はストレスでいられなくなると思います。

妻は日常生活で無臭であることを好むのでバングラデシュには連れて行かないことにしています。最近、娘もその傾向が強くなりました。

IMG_4013

と言っているうちに50個のサモサを包み上げました。

IMG_4063

夕方、一家正月恒例のビンゴ大会が終わり、早速、サモサを揚げました。

IMG_4064

息子が買ってきてくれたバドワイザーを飲みながら、揚げたてをつまみながら、最高です。

IMG_4067

IMG_4074

IMG_4073

水曜日のネコを飲みながら、サモサと息子が作ってきてくれたチャーシューを肴にし、ビリヤニが炊けるのを待ちました。

次回は、世界三大炊き込みご飯のビリヤニを紹介します。


himajintaro at 07:46|PermalinkComments(0)食べ物 | 生活

2020年01月03日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

バングラデシュの友人たちから新年のあいさつがたくさん届きました。

79611676_1283825591778742_7043217118094950400_n

元日にサモサとビリアニ作ったので後ほど紹介いたします。












himajintaro at 07:57|PermalinkComments(0)

2019年12月27日

今年も寒い冬がやってきました。

Temperature drops to 5.7˚C in Tetulia - The Daily Star

昨日のディリースター紙によると、バングラデシュ最北、 ラッシャヒ市の真北でネパール、ブータンにほど近い、インド国境のTetulia5.7℃になったようです。

記事ではTetuliaで昨年の1月8日にバングラデシュで最も寒い2.6℃を記録したと紹介していました。

貧しい人々は暖を取ることも出来ずに凍死することもあると聞いたことがあります。

日本ではバングラデシュは暑いイメージが強く、1997年2月1日、悪友に騙されて最初にバングラデシュに連れて行かれたときは、イメージとはかけ離れた寒さにびっくりしました。

バングラデシュはあの頃から比べると経済状態も良くなってきたとはいえ、まだまだ、貧困にあえぐ人々はたくさんいるのですが、一部の都会の華やかに隠れてしまっている感じが否めません。

私が渡航し始めてから20年間、バングラデシュの経済が発展して、国民全体の生活水準が上がってくるうちに、日本人の生活水準が下がって貧困層が増えてきたという皮肉な現実を迎えています。

近い将来、日本とバングラデシュの経済が逆転し、日本が後進国になってしまうかもしれません。

日本人の中にも暖房代が払えず、凍死する人が増えたという嫌なニュースを見ることのないように、日本の貧しい子供たちのための支援を始める必要が出てきました。


himajintaro at 06:37|PermalinkComments(0)自然 | 貧困