2009年01月

2009年01月31日

グラミンフォン

IMG_0209.jpg

バングラデシュでは有名な携帯電話会社グラミンフォン。もちろん、ノーベル平和賞を受賞した経済学者のムハマド・ユヌス率いるグラミングループである。バングラは平坦地がゆえ、電話線などのライフラインよりも電波が広範囲に届く携帯電話の普及率の方が遙かに高い。



日本のドコモがバングラの携帯会社の株を買収し、本格的にバングラで携帯電話事業に参入しようとしているのかどうか現地ではよくわからなかった。モンジュールさんたちは、ドコモの株買収の話は、全く知らなかった。



IMG_0210.jpg

ラッシャヒのグラミンフォンの支店には、たくさんのお客さんがいた。ラッシャヒで一番の繁華街シャヘブバザールのすぐ近くにある。日本の銀行のように受付番号の書いてある紙を取って、自分の番号が来るまでイスで待っている。



IMG_0138.jpg

グラミンフォンでインターネットをしていたが、定額料金で使い放題のはずなのに、2日で使えなくなった。写真のパソコンにつながってるのがそれ。日本のイーモバイルに比べると通信速度は格段に遅いが、時間帯によっては、さくさく動くときがある。ばらつきが大きい。



モンジュールさんが1ヶ月分の定額料金を払ったはずなのに、通信できなくなったので、店にきてみた。月定額で1,250タカ(日本円で1,600円ぐらい)である。



しかし、一気に1,250タカを支払うことができず、1,000タカと250タカを2回に分けて払わなければならない。つまり、パソコンで1回にチャージできる額が最高1,000タカというルールをグラミンフォンが決めているので、1回、1回チャージできたか確認してから、金を受け取るという面倒なシステムになっている。



結局、モンジュールさんは定額で払ったと思い、店員は従量で受け取ったと勘違いしたことがわかり、店側で再度、定額でチャージし直した。



こういった手違いや効率の悪いシステムは、バングラでは普通に起こり、これが、事業を遅らせる大きな原因になっている。






himajintaro at 08:15|PermalinkComments(0)生活 

2009年01月30日

マラジ君のタイヤ遊び

IMG_0201.jpg

マラジ君がいつも遊んでいるタイヤ遊び



IMG_0196.jpg

お兄ちゃんのシャキルと遊んでいる。どこからタイヤを持ってくるのかわからないが、車の出入りを心配することなく、学園の校庭で走り回っている。



有る物だけを使って遊んでいるバングラの子供たちを見ていると、自分の子供のころを思い出す。ファミコンもプレステも無かった、丁度、「ALWAYS三丁目の夕日」のころの時代を。






himajintaro at 00:00|PermalinkComments(0)貧困 

2009年01月29日

マラジ君の首ちょんぱ

IMG_0123.jpg

昼食時、我々の胃袋に入る予定の鶏さん。マラジ君の父親がさばいてくれた。



IMG_0146.jpg

マラジ君の父親が鶏を持って、右手で首を切る仕草をしたので、マラジ君に首をはねるポーズをして見せたら、それ以降、会うたびに、首ちょんぱが挨拶になってしまった。



バングラの子供たちは、生まれたときから家畜の殺生を見ているので、首ちょんぱがどういう意味か良く理解している。家畜が自分たちが生きるのにどれだけ役に立っているかをよく理解している。



日本の子供たちは、スーパーマーケットでトレイに並べられて切り身で売っている肉の意味をどれだけ理解しているだろうか。最近、食の安全とか食育といわれているが、いやなものを見せずにどれだけの教育ができるだろうか。きれい事を並べる先生といわれる方々に問いたい。






himajintaro at 06:02|PermalinkComments(0)貧困 

2009年01月28日

マラジ君のプライド

DSC01623.jpg

マラジ君は、アロアシャ学園の裏に住んでいる。失礼ながら「掘っ立て小屋」と表現させてもらうのが適当な住まいである。



IMG_0046.jpg

彼には、誇りがある。彼の父は、アロアシャ学園のガードマンであること。彼の母は、アロアシャ学園のメイドであること。彼の兄はアロアシャ学園の生徒であること。彼は、アロアシャ学園を遊び場としていること。



写真の一番左から、父親、マラジ君、母親、兄のシャキル。右二人は友達。



IMG_0055.jpg

1月14日の小学校の授業で、マラジ君のプライドについて話したあと、6年生たちに「みんなの誇りは何ですか?」と聞いてみた。一人だけ、「地球に生まれたこと!」と、ちょっとトンチンカンな返事が返ってきたが、あとは誰からも返事は無かった。



知り合いの先生が、イギリスの調査機関が世界中の子供たちに自分が生まれた国を愛しているか、誇りに思うかのアンケートをした内容を紹介した。アンケートの結果、一番自分の国を誇りに思っているのはバングラデシュの子供だったこと、日本の子供は26位だったそうである。



最近は、衣食足りて礼節を知らない日本人。いじめ、自殺、だれでもいいから殺人・・・・。



貧しい国に生まれたバングラデシュの子供たちは、衣食は足りないけれども、心までは貧しくはないのだと思う。






himajintaro at 20:23|PermalinkComments(0)貧困 

2009年01月26日

私の好きなマラジ君

IMG_0152.jpg

私の好きな少年、マラジ君



彼は兎唇症である。この写真を2009/01/14の小学校の授業で六年生に見せた。子供たちに質問をした。この写真を見てどう思いますか?



「かわいそう」という答えが返ってきた。「きもい」と思う子もいた。日本では見たことがない子供が大半であろうから、気持ち悪く感じても当たり前かもしれない。日本人でも500人に一人の割合で兎唇症の子供は生まれ、すぐに手術するから見たことが無くて当たり前であり、彼は貧しいから手術を受けられないと話した。



IMG_0056.jpg

彼は、何のためらいもなく、こんな表情の写真も撮らせてくれた。かれの瞳は、授業の子供たちの誰よりも輝いていた。なぜ、貧しいのに子供たちの瞳は輝いているのか?途上国で子供たちに出会った人なら、百人中百人が感じるであろう。








himajintaro at 22:28|PermalinkComments(0)貧困 
   次のページへ