2011年12月

2011年12月17日

アロアシャ学園で一番怖いマモンミヤ先生

演劇・音楽担当のマモンミヤ先生の指導による体育の授業が始まった。
IMG_3525.jpg
IMG_3527.jpg
IMG_3526.jpg
甲高い声とホイッスルを使って、ビシビシ指導が入る。ふざけていたり、怠けていると愛の鞭が飛んでくる。
IMG_3531.jpg
授業が終わってからも、不真面目な生徒には個別指導をかかさない。情熱的な先生である。
それが故に、マモンミヤ先生の演技指導によるアロアシャ学園の生徒による演劇は迫真の演技であり、日本の小学校の学芸会とは比べものにならない。自分たちの悲しく貧しい生い立ちを演じる生徒たちの演技には、言葉がわからなくとも、強く心を打たれるものがある。
また、マモンミヤ先生の指導によるダンスチームは全国大会に何度も出場し、数々の賞を獲得している。
アロアシャ学園の先生たちは、みんな優しい先生ばかりであるが、生徒たちにとっては、マモンミヤ先生は学園で一番怖い先生であり、学園にとっては無くてはならない先生である。


himajintaro at 07:44|PermalinkComments(0)アロアシャ学園 

2011年12月16日

アロアシャ学園の朝礼

2011年1月3日午前9時、アロアシャ学園の朝礼が始まった。
IMG_3474.jpg
IMG_3475.jpg
IMG_3484.jpg
IMG_3485.jpg
整然と隊列を組んで、敬礼をした。
IMG_3493.jpg
整列の指揮を取っていたのは、上級生のリーダーたちであった。中央のサザハン先生の話が終わり、低学年から教室に入っていった。
IMG_3496.jpg
この日は月曜日。日本なら週の初めの朝礼ということなのだろうが、イスラム国は日曜が週の始まり。つまり、ここでは週2日目。バングラでは1月1日が年度初め。今年の1月1日は土曜日でバングラでは休日なので、昨日の2日が始業式だったはずである。
アロアシャ学園が、どういう間隔で、どういうタイミングで朝礼をするか、14年通っていて、未だにわからない。


himajintaro at 06:55|PermalinkComments(0)アロアシャ学園 

2011年12月10日

金欠病が悪化!?

255012_1947875060705_1357432667_32185516_5796596_n.jpg
ついに持病の金欠病が悪化して、バングラデシュに行くことができなくなってしまった。モンジュールさんがバングラ側で年末の航空券を準備してくれるという甘い話に乗っかったまでは良かったが、この時期に来て、モンジュールさんからはなしのつぶてである。
現地では、新しいメロンの準備も始めているし、ミミズ肥料の状態も見たいと思っていたが、しばらく、お預けとなる。
年末ジャンボ宝くじで2億円でも当てるか!


himajintaro at 08:17|PermalinkComments(0)貧困 

2011年12月07日

車内は芸能大会!?

退屈なラッシャヒへの列車の旅にしびれを切らした、シュンドルボンツアーのメンバーが楽器を使って演奏を始めた。
IMG_3453.jpg
横笛や一本弦のアクタラを使った演奏に手拍子が始まった。
IMG_3457.jpg
IMG_3460.jpg
オモチャのようなピアニカも使っての演奏。楽器は、今回のツアーでお土産として買ってきたものである。
ギャラリーがどんどん増えてきた。
IMG_3466.jpg
IMG_3463.jpg
楽器の演奏のあと、子供たちのダンスが始まった。
IMG_3465.jpg
IMG_3472.jpg
子供のダンスを見ようとギャラリーがたくさん集まり、車内販売が通れないほどになった。車内の芸能大会で、しばらくの間、退屈せずにすんだ。


himajintaro at 20:55|PermalinkComments(0)世界遺産 

2011年12月02日

30分10円は安い!

2011_11_30_1_15_b.jpg
バングラ紙ディリースターの電子版に載っていたコマーシャル。ムハマド・ユヌスのグラミングループの一つ、グラミンフォン。
広告の内容が気になりアップした。30分10タカ、日本円で現在のルートでは1タカ1円。30分10円である。
昨年渡航したとき、自分のauの携帯電話と現地で調達したグラミンフォンの携帯電話の両方を使った。日本に帰ってきて驚いた。auの携帯電話を使って僅かな時間の通話のはずが、2万円を超えた請求になっていた。それに比べ、グラミンフォンで日本へ通話したりバングラ国内の通話もしたが日本円で1000円にもならなかった。さらに、毎日、30分以上パソコンにつないでインターネットをした。
バングラの携帯電話は固定電話と同じ料金で、さらにパソコンにつないでパケット通信ができる。プリぺード式なので使いすぎがない。日本の携帯電話を使って何万円も取られるなら、現地で安い携帯電話を買った方が直ぐに元が取れる。
日本では、auのiPhone参入でドコモが厳しい状況になっている。iPhoneはパソコンと同じ使い方ができるとはいえ、料金が高すぎる。通話料も同じ。SIMロックの問題もある。
バングラでは、グラミンが携帯電話事業をNGO活動だと言って独占しようとしたが、後発の携帯電話会社が続々参入し、料金も競争になっている。
日本も、もっと競争原理が働いて、大幅な料金値下げを期待したい。


himajintaro at 20:16|PermalinkComments(0)生活