2014年02月

2014年02月17日

渡航準備開始

IMG_3589.jpg
先週の土曜日、ルンジュさんと悪友たちと天童温泉に泊まる予定であったが、日本列島は120年の観測史上初の大雪に見舞われ、ルンジュさんの車は、24時間以上、国道4号線で渋滞立ち往生し、悪友と2人だけで天童の湯につかることになってしまった。
気の毒この上ない状況になったルンジュさんには、何とも申し訳ない。
金曜日の出発を控え、ようやく、渡航の準備が始まった。
今夜は、娘とお土産を買いに近くのスーパーに出かけた。ジャパン・フレンドシップ・アカデミーの女の先生たちへの土産は、娘の薦めで、MADE IN JAPANであり、一流製薬会社製で、香りと、つけ心地がよいリップクリームにした。口紅では、色の好みがわからないだろうと言う。
そのほか、お菓子類などを買い、また、明日、買い物に出かける。
自分の身の回りの物は、水曜日と木曜日に準備する。
今度の週末は、天気は荒れて欲しくない。これが、先週だったらと思うとゾッとする。


2014年02月15日

今回の渡航の使命

今回のパブナへの渡航は、久々に大きな使命を持って出発する。
ジャパン・フレンドシップ・アカデミーを経営するルンジュさんやパブナのラーマンさんの思いがある。日本の教育方法を取り入れた新しいバングラの学校教育を目指している。
そのために、日本語を教えてくれる日本人講師を急募しているが、課題が多く、なかなか適材が見つかっていない。自分たちの目指す学校作りが進まない状況にルンジュさんはあせりを隠さない。
そんな中、日本の教育の良い部分をジャパン・フレンドシップ・アカデミーに吹き込むのが、タヌキオヤジの今回の渡航の使命である。
幸いなるかな、タヌキオヤジは、公立の高等学校に勤務する。この学校は、山形県内の高校の先生たちからは、「教師の墓場」と言われていると赴任してすぐに聞いた。太陽光発電による技術移転で何度も紹介した東根工業高校の庄司先生からも「大変な学校に行きましたね。」と言われた。
教師によるパワハラ、セクハラ、不倫、横領、窃盗、怠業が常態化していると聞いたが、それを裏付ける実態がだんだん明らかになってきた。教師同士がやっている分には、「勝手にやれ!」であるが、対象が保護者に向けられているという事実を突きつけられたときは、驚きを超えるものになってしまった。
新採でこの学校に赴任してから何十年も異動したことのない教師がたくさんいて、たびたび、議会から問題視されてきたが、一向に改善が見られない。国内でも有名なスポーツ選手を輩出していることも、教師の異動の妨げになっていると思われる。最近では、高校生民謡チャンピオンになり、流行歌を山形弁で唄う歌姫が全国版のテレビでたびたび見かけるようになった。
こんな教師たちから教育を受けている子供たちが可哀想である。生徒同士のいじめが無いはずはない。実際、いじめがわかった時の教師たち慌てぶりは尋常でない。これから、どう推移していくか、興味津々である。と、人ごとのように思っているタヌキオヤジであるが、これを逆手に使わない手はない。
これぞ、アラーの神の思し召し。日本の教育から悪しき教師の実態を引けば、残りは日本の教育の良い部分が残る。まさに算数の世界。
あとは、ジャパン・フレンドシップ・アカデミーの先生たちに、どう伝えていくか。今日、ルンジュさんと悪友とゆっくり作戦を練る。


2014年02月09日

進まぬ渡航準備、入ってくる余計な仕事

バングラ渡航を今月21日に控え、いろいろ、現地で先生たちと打ち合わせすることをまとめる準備に入らなければならない時期が来たにもかかわらず、相変わらず、悪友からノートパソコンの壊れたハードディスクからデータの吸い出し依頼が舞い込み、悪戦苦闘している。
思ったよりも重傷で、Windowsからは吸い出しが難しく、Linuxのツールでディレクトリー階層を分析し、バックアップを取ろうとしたが、読めないところが多く、難儀している。
丸二日以上かかったが、これ以上、時間がかけられない。
明後日は休日なので、渡航の準備に入る。
このごろ悪友は、自分ではパソコンを直さなくなった。ほとんど、下請けでタヌキオヤジにお鉢が回ってくる。悪友にも、少なからず、老齢という魔の手が確実に忍び寄っているかに見えたが、悪友の同級生に言わせると若い頃から、すぐに下請けに出すという悪い癖があったそうで、癖が老齢によって進行しているだけのことのようである。
IMG_3585_20140209215841a32.jpg
IMG_3577.jpg
IMG_3579_20140209215840dae.jpg


2014年02月02日

アロアシャ学園の太陽光発電

IMG_5509.jpg
アロシャ学園の研究棟の屋上に配置されている太陽光発電パネル。
IMG_5508.jpg
日中は、発電した電力で、学校の照明や研究室の空調を回す。山形県立東根工業様様である。
IMG_5510.jpg
IMG_5511.jpg
IMG_5512.jpg
日中発電して余った電力は、バッテリーに充電して、夜の研究所の空調に使っている。ただ、今一、配線がお粗末である。バッテリーも、パソコン用のUPS(Uninterruptible Power Supply 無停電電源装置)の中に入っているバッテリーまで使っている。
バングラの発展にとって、電力の安定供給は必須である。


himajintaro at 13:25|PermalinkComments(0)アロアシャ学園