2014年03月

2014年03月31日

招かざる客

IMG_3625.jpg
IMG_3624_20140323104509c3e.jpg
辻さんとシャヘブバザールでバイクの話をしているうちに、モンジュールさんがアロアシャ学園に戻ったと言う連絡が入り、急遽、我々もアロアシャ学園に向かった。
学園には、公益財団法人日本国際協力財団の秋山さん他職員2名(内1名はアロアシャ学園駐在)とモンジュールさん夫妻とモンジュールさんの上司で学科長のイスラム先生夫妻が待っていた。
ラーマンさんを秋山さんたちに紹介をし、バイテク研究所と太陽光発電装置を見せてもらうことにした。研究所と太陽光発電装置の案内は、タヌキオヤジでもできるが、一応、モンジュールさんに案内してもらった。
普通のお客さんなら、寒天培地を保管している部屋の内部も細かく案内してくれるはずなのだが、モンジュールさんは案内しなかった。いかに鈍感なタヌキオヤジにしてもラーマンさんが招かざる客であることが、この時すぐにわかった。
一通り、研究棟を見て回り、職員室に戻った。本当のところ、秋山さんたちともっと話がしたかったのであるが、「帰りましょう!」と切り出したのは、他でもない、このタヌキオヤジだった。とても、落ち着いて話をできる状況になかった。
この日、モンジュールさんのジェラシーを目の当たりに見てしまったからである。
前回の次男を連れてきた時も、渡航前に電話でパブナに行くと言ったら、「パブナは原理主義のボスがいて危ない所だから行かない方が良い。学校の場所を詳しく教えて欲しい。」とモンジュールさんは言っていた。
パブナに行く直前に、研究所の女子職員によるホルマリン誤飲事件が起きた。ホルマリンなんか、刺激臭があり飲めるはずなんか無いじゃないか!
そして、ジャパン・フレンドシップ・アカデミーの開校式前日、迎えに来てくれたルンジュさんに、霧が濃いから、霧が晴れてからパブナに行った方が良いとモンジュールさんは言った。我々日本人は、モンジュールさんの「忠告」を無視して、開校式の当日早朝、アロアシャ学園を抜け出した。ルンジュさんは、開校式に間に合うか、心配で眠れなかったと言う。
さらに、招待者であるモンジュールさんは開校式がとっくに終わった午後8時過ぎに、招かれてもいないムホンさんとピントさんを連れだってジャパン・フレンドシップ・アカデミーに到着した。
ついでに、翌朝、我々にゆっくり朝食もさせずに、モンジュールさんが自ら危ないと言ったパブナで全国農民代議員大会に連れ出した。
今考えると、モンジュールさんのジェラシーは、前回の渡航から始まっていた。
ラーマンさんは、モンジュールさんにとって招かざる客だった。ラーマンさんも前回の開校式の件では、大変ご立腹で、「アロアシャ学園には二度と行かない!」と言っていた。
さらにこれに輪をかけた事が起こった。
ラーマンさんとアロアシャ学園を去ることになったが、先に学園を離れたのはモンジュールさんたちだった。秋山さんたちをみんなでホテルに送るため、先に帰ってしまった。
残った辻さんをジャパン・フレンドシップ・アカデミーに誘った。快諾してくれて、我々はジャパン・フレンドシップ・アカデミーのあるパブナ・カシナプールに戻った。
実は、この夜、アロアシャ学園では秋山さんたちが翌日ダッカに戻るというので焼き鳥パーティを行った。その場所に、タヌキオヤジもいなければ、辻さんもいなかった。辻さんは、ラッシャヒからは遠い赴任地にいた協力隊OBで、バングラに赴任中は、モンジュールさんを慕って何度もアロアシャ学園に通っていた。その辻さんまでもが焼き鳥パーティに参加しなかった。
モンジュールさんが泣いたという話を聞いたのは、日本に帰ってからのことだった。


2014年03月30日

辻さんの欲しいバイク

IMG_6442.jpg
ハンバーガーの昼食後、表に出たら、辻さんが気になるバイクが止めてあった。
製品名は忘れたが、部品を各国で作り、中国で組み立てた物らしい。この大きさで125cc。日本だったら250ccのようなガタイ。
リアサスペンションはセンターに1本。辻さんによれば、センターサスペンションの方が安定感が良いという。ただ、スタンドとメーター(スピードとタコ)が貧弱で貧相だと言う。
写真を拡大してみると、ボディフレームに「T6 aluminum」なる文字がペイントされていた。T6 aluminumとは日本のJIS規格で、アルミの強度を出すための製法である。しかし、溶接部分がアルミを溶接したのでなく、単なる鋼材を溶接したような盛り方なので、これはパクリ物である可能性が高い。
となると、125ccで鉄鋼材のボディでは重すぎる。
辻さんは、2サイクルではないかという。しかし、エンジン付近にエンジンオイル用の窓がある。なんか変だ。2サイクルはエンジンオイルをガソリンに混ぜ、一緒に燃やして回す。2サイクルエンジンオイルの油量計や警告ランプがメーター周りにない。辻さんは、この窓でオイルの量を見るのだろうと言う。
タヌキオヤジはチェーンに油が付着していないことが気がかりだった。下手するとタイヤの摩耗より早く、チェーンが切れてしまいそうな気がしてならない。あまり手入れをしていないバイクであることはよくわかる。
そうこうしているうちに、若い持ち主とその彼女(奥さん)?が現れ、辻さんがベンガル語で価格を聞いた。確か、25万タカだったような気がする。相場より安いのかもしれない。辻さんは、どこで買ったか聞いたが教えてもらえなかったようである。
そのバイクは、彼女を乗せて、東に向かって走っていった。2サイクルのエンジン音がした。やはり、2サイクルであったか。4サイクルの125ccでは、パワーが足りない。
辻さんは、営業用にバイクが欲しくてたまらなかった。このバイクも、候補の一つだったようである。


2014年03月29日

ラッシャヒにも○FC

IMG_3623.jpg
モンジュールさんたちがアロアシャ学園に戻ってくるまでの間、昼食をとろうとラッシャヒの繁華街シャヘブバザールに出かけた。
辻さんの話では最近できたという○FC(実はこの○が何であったか忘れた)でチキンカツハンバーガーを注文した。
これがまた、でかい。味も中々いける。
ラッシャヒも、確実にダッカ化している。


2014年03月28日

アロアシャ学園へ

今回の渡航では、元々、アロアシャ学園に行くつもりはなかった。モンジュールさんに電話をしてもつながらないことが多く、そのことがかえってストレスになっていた。そこで前もって、フェイスブックでラッシャヒにいる多くの友達に「バングラには行くけれども、スポンサーがいるので、スポンサーの都合に合わせるからラッシャヒには行かない。」と英文で伝えておいた。
ところが、肝心のモンジュールさんはフェイスブックを見ていなかったのか、タヌキオヤジがバングラに行くことを知らなかったと言う。本当は知らないはずがない。モンジュールさんの娘2人やモンジュールさんの弟子たち、友人たちが知っていたはずである。モンジュールさんに伝えないはずはない。
長年、アロアシャ学園のスポンサーになってくれている公益財団法人日本国際協力財団の秋山専務理事がアロアシャ学園を訪問する時期とタヌキオヤジの渡航時期が重なるということを知ったので、渡航前に秋山専務理事に電話をして滞在期間を確認しておいた。
モンジュールさんは、渡航前に秋山さんからのメールで、初めてタヌキオヤジのバングラ渡航を知ったと言う。
ラーマンさんを秋山さんに会わせたかったのとアロアシャ学園の太陽光発電を見せたかったので、本当はアロアシャ学園に行きたくなかったラーマンさんを連れだって、バングラ到着の翌日、アロアシャ学園を訪れた。
IMG_6441.jpg
アロアシャ学園には、午後3時前に到着した。
IMG_3622.jpg
学園には、ガードマンの次男ミュラッジがいた。彼は、何度かの手術を受け、兎唇症が改善していた。しかし、まだ、空気が抜け、完治していないため、発音がかすれる。「彼も彼の母も、これ以上、手術を受けたくはないと言っている。もっと小さい内に手術を受けていれば、手術の回数も心の負担も少なくて済んだのだろう。」と学園で待ってくれていた海外青年協力隊OBの辻さんが言っていた。
モンジュールさんは秋山さんたちと出かけていて4時過ぎに学園に戻ると言うことだったので、辻さんといっしょにラッシャヒ市内に昼食を食べに出かけることにした。


2014年03月27日

今月は、快調に日記更新中!

IMG_3713_2014032222421627f.jpg
今月は、快調に日記更新中である。先月の21日から今月2日までのパブナ・カシナプールへの渡航記録を連日更新している。
過去の更新記録を見ると、とても、更新がおぼつかなかった。
それは、タヌキオヤジが石を投げれば必ず当たると言われるほど増え続けている「うつ病」の罹患者だからである。
一昨年末に次男と行った渡航記録が半分も終わらないうちに、カシナプールに気持ちが移ってしまった。
以前、モンジュールさんたちと世界遺産で世界最大のマングローブ林「シュンドルボン」に行ったころには、すでに罹患していて、旅の前半は、全く、気持ちが休まらなかった。
2年ぐらい病気を我慢して仕事を続けたが、ついに耐えきれなくなり、平成23年12月9日に神経心療内科の門を叩いた。
17日の日記の写真にもあるように、毎晩、精神安定剤と睡眠薬をのみ、毎朝、上の写真の抗うつ剤をのむ。この抗うつ剤が高い。新薬なものだから、ジェネリックがまだ無い。
しかし、精神安定剤と睡眠薬が効いて、スワンナプーム国際空港でも飛行機の中でも、快眠であった。それにも増して、薬以上に効いたのがラーマンさんとの毎晩の宴会である。毎晩、苦しいほど腹を抱えて笑った。笑いは、心が安らぐことを実感した。
だから、日記の更新に弾みと勢いがついた。その内容は、これから順次紹介していく。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)生活