スウェーデンからのお土産バイテク研究所も様変わり

2019年09月17日

悪友が食べる朝食

私は、朝食を摂らなくなってから2年以上経ちます。このことは、ボナニーさんの父の実家へでも紹介しましたが再掲します。

元々あった体重は82㎏。中性脂肪や悪玉コレステロールが多く、ガンマーGTPやGOTの数値も高く、腹囲もメタボそのもので、コロコロしたタヌキおやじでした。さらに長らく鬱病を患い苦しんでいました。

単純な食事制限や運動では何年かかっても結果を見出すことはできず、諦めかけていましたが、健康な体を維持するために実践されている方々の話や様々な書籍に出会うことができて、自分なりの処方箋を見出しました。

「できるだけ」、農薬や食品添加物の入った食品は食べない。化学精製された砂糖や塩、乳製品は摂らない。ファーストフードは食べない。「まごわやさしい」弁当を自分で作る。野菜をたくさん食べる。多くの種類のものを食べる。お菓子は自分で作る。発酵食品を作って食べる。塩素の入らない真水を2リットル以上飲む。市販のペットボトルの飲料水は飲まない。晩酌はしない。登山に行く。冬の7kmの通勤は、往路バス、帰路は徒歩とする。

そして、一日二食とする。姉妹ブログ「リトルカブ珍道中記」で朝早くツーリングに出かける都合上、朝食は抜きとしました。ストレスを溜めないよう、これらのことを厳しく制限することなく実践し、時々ドーピング的に嗜好品として摂ることとしています。

開始から毎月3㎏ずつ体重が落ちてゆき、4か月で12㎏落ちて70㎏を維持したままになっています。もちろん、その後の健康診断で、数々の悪い数値が改善されていきました。そして、特筆すべきことは鬱病が大きく改善したことです。食生活の改善中に神経心療内科の治療が終わってしまいました。

まだまだ、完全とは言い難いのですが、昨年末の渡航も朝食抜きをするつもりでいました。従来通り、アロアシャ学園のゲストルームに宿泊しているのなら、朝食抜きでも良かったのですが、モンジュールさん宅にスティしているのであれば、ボナニーさんにも敬意を払って朝食はいただくことにしました。

メタボが改善されない悪友は、現状維持のままです。

DSC00571




himajintaro at 08:14│Comments(0)生活 | 悪友

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スウェーデンからのお土産バイテク研究所も様変わり