バングラデシュに潜むインド人あけましておめでとうございます

2019年12月27日

今年も寒い冬がやってきました。

Temperature drops to 5.7˚C in Tetulia - The Daily Star

昨日のディリースター紙によると、バングラデシュ最北、 ラッシャヒ市の真北でネパール、ブータンにほど近い、インド国境のTetulia5.7℃になったようです。

記事ではTetuliaで昨年の1月8日にバングラデシュで最も寒い2.6℃を記録したと紹介していました。

貧しい人々は暖を取ることも出来ずに凍死することもあると聞いたことがあります。

日本ではバングラデシュは暑いイメージが強く、1997年2月1日、悪友に騙されて最初にバングラデシュに連れて行かれたときは、イメージとはかけ離れた寒さにびっくりしました。

バングラデシュはあの頃から比べると経済状態も良くなってきたとはいえ、まだまだ、貧困にあえぐ人々はたくさんいるのですが、一部の都会の華やかに隠れてしまっている感じが否めません。

私が渡航し始めてから20年間、バングラデシュの経済が発展して、国民全体の生活水準が上がってくるうちに、日本人の生活水準が下がって貧困層が増えてきたという皮肉な現実を迎えています。

近い将来、日本とバングラデシュの経済が逆転し、日本が後進国になってしまうかもしれません。

日本人の中にも暖房代が払えず、凍死する人が増えたという嫌なニュースを見ることのないように、日本の貧しい子供たちのための支援を始める必要が出てきました。


himajintaro at 06:37│Comments(0)自然 | 貧困

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バングラデシュに潜むインド人あけましておめでとうございます