蔵王キリスト教会から寄付をいただきました。武漢のベンガル人迎えに行けず

2020年01月24日

インドとの国境で何が起きているのか

バングラデシュは国境の2/3がインド国境に面しています。国境はフェンスが張り巡らされているところもあれば、畑だったり、牧草地だったり、民家の真ん中を走る所もあるそうです。

ラッシャヒもガンジス川(ポッダ川)が国境ですし、昨年行ったポルシャも小さな川が境でした。

ミャンマーとの国境は丘陵地帯ですが、ロヒンギャ問題で世界中に知れ渡る所となりました。あまりにもロヒンギャ問題が大きくクローズアップされたので、インドとの国境で何が起きているか、私たち日本人は知る由がありません。

私は、時々、バングラデシュのニュースを見るので知ってはいましたが、最近、イギリスのBBCニュースがこの問題を取り上げています。

B4

バングラデシュとインドは友好国です。しかし、「進むバングラデシュのインド化」「バングラデシュに潜むインド人」でも紹介したように、それは偏った友好関係になっています。

B2

国境では、毎年、多くのバングラデシュの国民がインド国境警備兵に殺害されています。

B1

その殺害方法は残忍で非人道的です。女子中学生を国境のフェンスに吊るしたり、男性の尻の穴に棒を差し込んだりと、晒し物で見せしめ的な殺害です。

B3

今まで400人以上のバングラデシュ国民が殺害されているにも関わらず、バングラデシュ政府は見て見ぬふりをしています。

インドと国境を面しているパキスタンでは、国境付近でパキスタン国民が殺害されそうになるとパキスタン兵士がインド兵と銃撃戦になります。パキスタンに限らず、他の国も同じ状態だそうです。

現在のバングラデシュ政権なる以前は、こんなことは無かったと言われています。

なぜ、バングラデシュの兵士は自国民を守らないのか。

それは、前述の2つの記事の中に理由が書いてあります。


himajintaro at 08:01│Comments(0)政治 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
蔵王キリスト教会から寄付をいただきました。武漢のベンガル人迎えに行けず