貧困

2019年12月27日

今年も寒い冬がやってきました。

Temperature drops to 5.7˚C in Tetulia - The Daily Star

昨日のディリースター紙によると、バングラデシュ最北、 ラッシャヒ市の真北でネパール、ブータンにほど近い、インド国境のTetulia5.7℃になったようです。

記事ではTetuliaで昨年の1月8日にバングラデシュで最も寒い2.6℃を記録したと紹介していました。

貧しい人々は暖を取ることも出来ずに凍死することもあると聞いたことがあります。

日本ではバングラデシュは暑いイメージが強く、1997年2月1日、悪友に騙されて最初にバングラデシュに連れて行かれたときは、イメージとはかけ離れた寒さにびっくりしました。

バングラデシュはあの頃から比べると経済状態も良くなってきたとはいえ、まだまだ、貧困にあえぐ人々はたくさんいるのですが、一部の都会の華やかに隠れてしまっている感じが否めません。

私が渡航し始めてから20年間、バングラデシュの経済が発展して、国民全体の生活水準が上がってくるうちに、日本人の生活水準が下がって貧困層が増えてきたという皮肉な現実を迎えています。

近い将来、日本とバングラデシュの経済が逆転し、日本が後進国になってしまうかもしれません。

日本人の中にも暖房代が払えず、凍死する人が増えたという嫌なニュースを見ることのないように、日本の貧しい子供たちのための支援を始める必要が出てきました。


himajintaro at 06:37|PermalinkComments(0)

2019年05月11日

ベンガル人の出稼ぎとインド人の出稼ぎ

東京葛飾区堀切に住む下町のベンガル人・橋本羅名(らな)さんの投稿を掲載します。

少し長くなります。

バングラには世界中の外国からの出かせぎ送金があります。1年間で135億3000万ドルにもなります。これはバングラ政府予算の収入のかなり大きな割合を占める金額です。1500万人が海外で働いてます。人口1億7000人ですから、かなりの大人数です。

しかしその代償は大きく、18000人以上が毎年事故や病気で故国に遺体となって帰ってきます。私は以前ダッカの空港で遺体が飛行機から降ろされるのを見たことがあります。なんともやりきれません。

一方、一部の人たちは、病院に行くにも、シンガポール、タイ、インドの大病院に飛行機で通います。


最近、バングラの新聞Daily Industry をみておどろきました。なんと在バングラのインド人(約100万人)のインドへの送金が1年で100億ドルもあるのです!以前からあったそうですが最近かなりふえました。

100万人もインド人がバングラに住んでいるにも驚きますが、その人数で100億ドルもバングラからインドに送金していることも驚きです。

新聞には、彼らインド人のバングラでの職業は、アパレルやIT産業であると書いてありますが、私が現地の知人から聞いたところでは、かなりのインド人がバングラ機関の中枢に入り込んでいるということです。警官や検事、教員など。

また違法労働で働いたインド人はインドに上記の送金(違法)をしています。ふつうのバングラ人は就職するにも大変なのに、多くのインド人がこのようにバングラで職を得ているのが、どうにも納得できません。

現ハジナ首相は親インド政権です。

私は昭和63年に日本に働きに来るました。学生で来日しましたが、アルバイトでかせいだお金はバングラにせっせと送金しました。私の家族(両親と9人兄弟、他に2人は独立戦争時死亡)は大変助かりました。

現在私は日本で家族にめぐまれ、働いています。日本は努力すれば成功する社会です。

それに比べ、バングラデシュは...
わがふるさとバングラデシュの現状を非常に心配します。


himajintaro at 05:43|PermalinkComments(0)

2018年07月18日

日本バングラデシュ協会がタウンニュースに載りました。

国際ソロプチミスト秦野様よりは、バングラの子供たちに、文房具のご寄付をいただいてます。
いっぺんに運べないので何回かにわけています。
遅くなりましたが4月にバングラカウカリ村の小学校に渡し終えました。

このことが【タウンニュース】さんの記事になりましたので
お知らせいたします。

ご協力いただいた、皆様、本当にありがとうございます。

https://www.townnews.co.jp/0610/2018/07/06/439040.html




himajintaro at 22:54|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

68年ぶりの最低気温?





以前からバングラは寒い年がありました。寒さのために亡くなる人がいるという話は昔から聞いています。
寒さは、農作物に対しても影響を及ぼします。これから、収穫するじゃがいもは凶作になる可能性があります。じゃがいもは、価格が安いので貧しい人達の主食ですが、不作になれば価格が上昇し、食べることが難しくなります。
毛布だけではなく、食糧支援の必要が出てきます。

himajintaro at 04:37|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

一般社団法人 日本バングラデシュ協会の投稿から

一般社団法人 日本バングラデシュ協会の投稿から掲載します。

文房具の寄付をいただきました。JBA会員のS氏の娘さんRさんからバングラの子供たちに文房具の寄付をしていただきました。先月訪バの際、ダッカのキリガウチャウドバラ小学校にの子供たちに文房具を渡してきました。
子供たちは日本の文房具に大喜びです。
ありがとうございます。



himajintaro at 21:34|PermalinkComments(0)