政治

2020年02月28日

インドで始まったイスラム教徒への迫害

以前から紹介してきたインドのイスラム教徒への弾圧が本格化して、ディリーではイスラム教徒の家や店舗がインド人による襲撃を受けて、死者が出る状態になっています。

この状況を日本のマスコミは全く取り上げていません。

イスラム教徒迫害





himajintaro at 19:01|PermalinkComments(0)

2020年01月24日

インドとの国境で何が起きているのか

バングラデシュは国境の2/3がインド国境に面しています。国境はフェンスが張り巡らされているところもあれば、畑だったり、牧草地だったり、民家の真ん中を走る所もあるそうです。

ラッシャヒもガンジス川(ポッダ川)が国境ですし、昨年行ったポルシャも小さな川が境でした。

ミャンマーとの国境は丘陵地帯ですが、ロヒンギャ問題で世界中に知れ渡る所となりました。あまりにもロヒンギャ問題が大きくクローズアップされたので、インドとの国境で何が起きているか、私たち日本人は知る由がありません。

私は、時々、バングラデシュのニュースを見るので知ってはいましたが、最近、イギリスのBBCニュースがこの問題を取り上げています。

B4

バングラデシュとインドは友好国です。しかし、「進むバングラデシュのインド化」「バングラデシュに潜むインド人」でも紹介したように、それは偏った友好関係になっています。

B2

国境では、毎年、多くのバングラデシュの国民がインド国境警備兵に殺害されています。

B1

その殺害方法は残忍で非人道的です。女子中学生を国境のフェンスに吊るしたり、男性の尻の穴に棒を差し込んだりと、晒し物で見せしめ的な殺害です。

B3

今まで400人以上のバングラデシュ国民が殺害されているにも関わらず、バングラデシュ政府は見て見ぬふりをしています。

インドと国境を面しているパキスタンでは、国境付近でパキスタン国民が殺害されそうになるとパキスタン兵士がインド兵と銃撃戦になります。パキスタンに限らず、他の国も同じ状態だそうです。

現在のバングラデシュ政権なる以前は、こんなことは無かったと言われています。

なぜ、バングラデシュの兵士は自国民を守らないのか。

それは、前述の2つの記事の中に理由が書いてあります。


himajintaro at 08:01|PermalinkComments(0)

2019年12月22日

バングラデシュに潜むインド人

前回、インドで起こっているイスラム教徒排除に反対するデモの話題を提供しました。多くの情報筋からの話をまとめました。

バングラデシュは1971年の独立時点からインド化が進んできました。何故なら、独立の英雄で初代大統領となったムジブル・ラーマンは大の親インド派だったのです。その血を継いだ娘の現首相シェイク・ハシナはインドのモディ首相とは蜜月関係にあります。

ハシナ首相はモディ首相とインド軍駐留基地建設の密約を交わしたようです。9月にニューヨークで行われた国連の環境会議の後に真っ直ぐバングラデシュに帰国せず、インドに寄り道して具体的な建設ヶ所を約束したというのです。このことをバングラデシュ国民に知らせないために、反政府派の大学生のリンチ事件を企てて、国民への目くらましにしたようです。

バングラデシュには多くのインド人が働いています。そのほとんどが政府の中枢機関の要職や警察官などの公務員や事業家たちであるというのです。その数400万人というから驚きです。現政権が反政府派をことごとく粛清してきた背景には1971年から始まったインド化があるのです。

傀儡政権としてアメリカが擁立したBNP党首カレダ・ジアはハシナ政権下で囚われの身となり社会復帰の可能性はありません。

州知事だったナレンドラ・モディはヒンドゥー至上主義、反イスラーム主義者で、知事時代に多くのイスラム教徒を殺害してきた過去があります。モディ首相率いるインドはバングラデシュを牛耳ろうとしています。ハシナ首相は、それを良しとしています。

ベンガル人経営の企業はインド人経営者に、ことごとく乗っ取られています。バングラデシュでは民主化とは反対方向の国民への圧力が高まっています。昨年末に行われた総選挙も先に与党側立候補者の票を投票箱を入れておき、投票時間が来ても投票所に国民を入れなかったという暴挙に出て、ハシナ首相は、勝利宣言の新聞トップを飾っていました。

多くのバングラデシュ国民は遠く離れた民主化に憂いを持っています。バングラデシュがインド化し、ヒンドゥー教が無理やり支配を始めようとすれば、必ず、反対の方向の力も働きます。これから、一番怖いのはイスラム原理主義者の行動です。

himajintaro at 08:10|PermalinkComments(0)

2019年12月21日

進むバングラデシュのインド化

下町のベンガル人橋本羅名さんのFacebookの投稿をシェアさせていただきました。私たちの知らない間にバングラデシュのインド化が進んでいます。バングラデシュのハシナ首相とインドのモディ首相は蜜月関係にあります。再び、バングラデシュでイスラム過激派によるテロが起こらないことを祈っています。

安倍首相がインド訪問をとりやめたのは正解です。
モディ首相は、インドに国民登録法をつくり、インドからイスラム教徒を抹殺しようとしています。
不法移民をなくすという名目で、イスラム教徒だけを隣国のバングラやパキスタン、アフガニスタンにおい出そうとしています。
インドのイスラム教徒は昔からのベンガル人やインドのカーストから逃れるため宗教かえた国民等で人口の14%も占めています。
この人たちをすべて抹殺しようとしているのです。
ヒトラーがユダヤ人をこの世から抹殺したことと同じです。
インドの経済が悪くなっているので、このことでごまかそうとしています。
モディは北朝鮮の金正恩やアメリカのトランプと同じ最悪の政治家です。インドは民主国家ではありません。
バングラデシュの国民は怒っています。

000345

12356

インドが平和を捨てて宗教排他主義に走る01

2345

























himajintaro at 20:25|PermalinkComments(0)

2019年10月25日

16人に死刑判決

悲しい事件でしたが、民主化へ一歩前進かなと思います。

ダッカ空港近くで起きたバスによる高校生の死亡事故で多くの高校生や大学生が無免許運転への改善を求めて大規模なストライキが起こりました。ストライキを多くの大人たちが支援したことにより政府は改善を余儀なくされました。

バングラデシュには国を変えるだけのパワーがたくさんあります。これからの発展を期待したいです。


セクハラ告発女子学生殺害事件、16人に死刑判決 バングラデシュ


himajintaro at 20:19|PermalinkComments(0)