モンジュールさん

2019年07月07日

バングラで玉子酒を作りました。

モンジュールさんが風邪をひいて、なかなか治らないというので、玉子酒を作りました。

DSC00559


玉子酒というと熱燗に生卵を入れてかき混ぜるというのが主流なのでしょうが、私の場合、以前、人から教えてもらって、ニンニクとショウガを混ぜます。風で熱を出し、鼻が全く利かなかった時に飲んだら、翌日、すっかり良くなりました。

臭いは強烈になりますが、効果が高いので、作ることがあります。でも、最近はほとんど風邪をひかなくなったので、作ったことはありません。

DSC00560

モンジュールさんは玉子酒を飲んだ翌日は、多少改善はしましたが、あまり良くはなりませんでした。日本から持っていた風邪薬があったので、服用してもらいましたが、それからしばらくは風邪が抜けきれませんでした。

急に熱が出たような初期の風邪にはニンニク、ショウガ入りの玉子酒は効くのかもしれませんが、慢性化したような場合は、十分な栄養と保温と安眠しかないのでしょう。


himajintaro at 08:14|PermalinkComments(1)

2019年07月02日

モンジュールさんがヒ素を簡易に取り除くシステムを開発

今朝のバングラ紙にモンジュールさんの研究について載っていました。紙面によると、日本の大学の先生と共同で簡単にヒ素を取り除ける装置を作ったとのこと。

バングラデシュは地下水に天然のヒ素が含まれていて、毎年、中毒被害を出していました。雨季にはたくさんの雨が降り、首都のダッカが水浸しになることで有名ですが、逆に、乾季はポタリとも雨が降らないので、水不足になります。この時期に地下から飲料水や農業用水としてたくさん組み上げています。

この研究については、昨年末から年初めにかけてバングラに渡航した時は、モンジュールさんからは聞いていませんでした。

モンジュールさんが作った装置により除去したヒ素は無毒化されているような内容になっています。

これが実用化されれば、バングラデシュにとっては画期的な発明になります。

東京都の技術職員がボランティアで水道水のヒ素の除去装置を取り付けているという日本のマスコミによる記事は読んだことがあります。

詳しい内容は、これから、わかることでしょう。


ヒ素除去


himajintaro at 20:48|PermalinkComments(0)

2019年02月03日

デジカメが帰ってきました。



バングラデシュのモンジュールさんのアパートに忘れてきたデジカメが戻ってきました。現地に訪問した日本人男性にお願いしていましたが、先ほど、自宅に届きました。カメラケースまで付けてくださいました。ありがとうございます。


himajintaro at 13:05|PermalinkComments(0)

ラッシャヒ駐在の元JICA隊員にバングラ土産を送りました。

今回の渡航で買ってきたバングラ土産をラッシャヒに駐在していた元JICA隊員の小島直子(旧姓新津)さんに送ったところ、早速、お礼のメッセージが届きました。

送ったのはアロアシャ学園で作っている干しマンゴーとモンジュールさんお勧めのオーガニック紅茶です。



「こんにちは。バングラデシュのお土産届きました!ドライマンゴー、以前のよりますますおいしくなってました。

シャヘブバザールの紅茶も嬉しいです。チャイにしてみます。パッケージの子、日本人みたいだなって思っていたら、日本の茶摘みの写真なんですね!

もらってばっかり、今度はうちのおすすめをお送りします。さっそくマンゴー大人気です。ありがとうございます。」



SNSにも投稿してくれました。

「お正月にバングラデシュに渡航した、 山形の閑さんから、ドライマンゴーと紅茶が届きました!ドライマンゴーにはアロアシャスクールの名前。紅茶には「シャヘブ バザール」の字がありました。どちらも、私がバングラデシュに住んでいた時に馴染みのあるところです。

2002年~2005年にバングラデシュに青年海外協力隊員としてラッシャヒ市に赴任しているときにアロアシャ学園に出会いました。

日本からのお金の支援だけでなく、技術支援をしているのが特徴です。ラッシャヒ大学のモンジュール先生はすばらしい技術者でもあり、霜が降りないバングラデシュでイチゴを栽培してアロアシャ学園の活動資金を調達しています!最近は、ドライマンゴーを作ってバングラデシュ国内ですべて販売しているとか。

私も、アロアシャプロジェクトの援助のもとに現地のアロアシャ学園の活動費になるようにと、ラッシャヒ大学内にインターネットカフェを開店して、ラッシャヒ大学の生徒と一緒にお店を1年切り盛りしていました。残念ながら、私が帰国してから問題発生して閉店してしまったのですが。

もう20年以上活動を続けているでしょうか。バングラデシュで事業を20年も続けるなんて、本当に素晴らしい忍耐力と頭脳とチームワークです。

今後のアロアシャプロジェクトの活躍も楽しみです。
閑さん、おみやげありがとうございます。」

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年01月27日

旅のお供にSONY RX100を連れて行きました。



今までの渡航ではCanonの一眼レフを旅のお供に連れて行きました。

今回、バイクのツーリングで使用するためにSONYサイバーショットRX100の中古機を購入しました。ツーリングではHUAWEIの格安スマホを常用していました。「弘法筆を選ばず」とは言いますが、一眼レフでは大きすぎて機動力が必要なツーリングでは限界がありました。

HUAWEI nova liteでも、補正無しで下の写真ぐらいなら撮ることができます。



スマホ撮影の良い点は、露出やピントを合わせたい場所を液晶画面上でワンクリックするだけで合ってしまうことです。上の写真は、空に露出を合わせるため画面上の空の部分をワンクリックして撮影したものです。

これに対して、一眼レフやコンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラはファインダーや液晶画面ではクリックすることはできず、露出やピントを一々確認しながら決めなければなりません。

スマホと同等に露出やピント合わせができるコンパクトデジタルカメラを散々探したのですが、スマホに代わるものは、まだ、この世にはありませんでした。

以前はiPhoneも所有していました。その場でSNSにアップするためにはスマホは良いのですが、時間帯や場面によっては撮れなくて悔しい思いをしたことが何度もありました。

ちょっと古い機種ながら、明るいレンズを使っているので様々なシーンでおもしろく撮れ、人気のあるSONY RX100を常用カメラとして選びました。

今回の渡航でたくさん写真を撮ってきました。

ただ、ちょっとした不注意でSONY RX100をモンジュールさんのアパートに忘れてしまいました。

今月、モンジュールさんに向かう元日本人スタッフがいたので、彼とモンジュールさんにお願いして、日本に持ち帰ってもらうことにしました。

今のところ、いつ、カメラが届くかわかりませんが、それまでの間は、スマホで撮った写真で、今回の渡航について紹介したいと思います。

himajintaro at 21:33|PermalinkComments(0)