ユヌスのケツに火がついた!  その1ユヌスのケツに火がついた!  その3

2011年02月20日

ユヌスのケツに火がついた!  その2 ブラックもか!

昨日からの続編
「グラミンは、女の人にお金を貸して、儲ける方法を教えていない。だから、女の人は、すぐにお金を返せない。」
「ユヌスは、ソーシャルビジネスをしていると言いました。だから、税金は払わない。これはソーシャルビジネスじゃない。」
「バングラデシュの政府は、グラミンに税金を払いなさいと言いました。」
「ブラック(バングラ最大のNGO)は、大学を作りました。だけど、金持ちの子供しかはいれない。お金がたくさん必要だから、私の子供は入れることができない。」
「ブラックも税金を払わなければならない。」
「ブラックは、安いお金でノクシカタを作らせて、高く売っています。」
ユヌス率いるグラミンばかりではなく、バングラ最大のNGOブラックにまで、メスが入ろうとしている。グラミンもブラックもバングラではNGO扱いにされて、法人税は非課税扱いにされてきたが、今後は、一般の会社と同じ扱いにされるのであろう。
バングラデシュ支援では日本最大級のNPO法人シャプラ・ニールは、フェアトレードとして、ブラックが経営するアーロンからバングラの手工芸を輸入販売しているが、ブラックがNGOでなくなると、フェアトレードの意味が無くなる。
明日も、続く。


himajintaro at 10:34│Comments(0)生活 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ユヌスのケツに火がついた!  その1ユヌスのケツに火がついた!  その3