タバコ売りの少年 その2ただ今、修理中!

2011年02月27日

ジャガイモもイチゴも大豊作!

夕べ、モンジュールさんに電話した。一昨日も電話したが、不携帯だったようだ。
「今、アロアシャ学校(学園)に来ています。」
「今年は、ジャガイモがたくさん取れました。」
収穫したジャガイモをアロアシャ学園の敷地にある作物の貯蔵庫に搬入しているために、モンジュールさんが見に来ているようだ。いろいろな人の声が携帯電話から聞こえてくる。
「いっぱい取れると値段が下がらないですか。」
「それが、心配なんです。」と笑い声で答えた。
昨年から、ジャガイモの値が崩れている。バングラは米を隣国インドから大量に輸入している。米を食べられるのは裕福な人。貧しい人が食べるのはジャガイモだと以前、モンジュールさんに聞いた話である。
ジャガイモが安くなれば、貧しい人にとって良いことであるが、貧しかった人がジャガイモを作り始めて暮らしが良くなっていることを考えれば、複雑である。
「今年は、天気が良いだから、イチゴもたくさんなっています。教えてもらったK(カリウム)を入れたら、イチゴがたくさん花が咲いて、たくさん実がなりました。」
今回のバングラ渡航で、モンジュールさんから、イチゴの夏の暑さを乗り切るための対策を聞かれたので、パンジーを夏の間も咲かせるためにカリウムを使ったことを話した。この時、カリウムの生理的な効果を説明し、モンジュールさんは納得していた。
「バングラデシュでは、今までK(カリウム)を使うことを考えなかった。」
「N(窒素)とP(リン酸)を使うことしか考えませんでした。」
モンジュールさんは、夏の暑さ対策ではなく、イチゴ苗を売った後の農場でイチゴを育てるために、カリウムの肥料を使った。
「イチゴのプロセッシングをする人も来ているんです。」
「彼は、ジュースを作るための器械を150,000タカで買ったのです。」
モンジュールさんは、イチゴの苗の生産とイチゴの加工も手がけようとしている。
1月、バングラに渡航した下町のベンガル人・橋本羅名さんが言っていた。
「ダッカで、イチゴを売っていました。とても、高いんです。」
その橋本羅名さんは、今、ダッカに行っている。
ダッカでというより、バングラで売っている国産露地イチゴの苗はすべて、モンジュールさんの農場で作られている。


himajintaro at 10:38│Comments(0)農業 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タバコ売りの少年 その2ただ今、修理中!